収益物件の購入する際に必須となるマンション管理の秘訣についてお教えします。
不動産投資が盛んになってきていますが、多くの方はマンション管理未経験です。
もちろん管理会社にお任せするのが一番ですが、何かしら不具合が発生した際にお金を払うのは、区分所有者です。
素人目で見ると、新築マンションは何の問題もないように見えるでしょう。
もちろん、新築ですと最低1年は施工会社のアフターサービスもあるので、安心感はあります。
ですが、1年過ぎた後は、どうでしょうか。
設備の空調や冷蔵庫、洗濯機壊れたらどうしますか。
賃貸物件として出すことで、インカムは増えると思っていても、修繕費用でマイナスになることも往々にしてあります。
そこで、私がおすすめしているのは、築15年前後の区分マンションです。
大規模なマンションとなると、管理組合もしっかりしているので、10~15年の間に建物全体の中規模修繕やエレベーターの更新もしています。
また室内も15年も経過していれば、一通りのリフォームも住んで、最新の機器と揃えられています。
新築に比べて、購入価格も下がるので、収益物件として所有するにはおすすめです。

賃貸での管理

賃貸物件のマンション管理は大体1社が請け負っています。
マンションの規模にもよりますが、現地に管理人やコンシェルジェが駐在して、居住者の世話をする物件も多いです。
管理体制については管理会社によってピンキリです。
決められたことしか対応してくれない会社や、ある程度の裁量を持って対応してくれる会社と様々です。
この対応の差は、賃料の差と比例します。
高級物件ですと、外国語堪能なコンシェルジェがいたり、荷物を預かってくれたり、居住者の名前を全て覚えている物件もあります。
逆に家賃数万円の物件では、ゴミの夜中に出しただけで、捨ててくれなかったり、共用部の清掃が甘かったりすることが多く見受けられます。
賃料の差で住むところだけでなく、扱いも違ってきます。
管理費として賃料とは別に支払っているから当たり前という考えもありますが、賃料に関わらず集合物件です。
多くの人がある意味共同生活を送る場所です。
その集合物件でトラブルなく、居住者を守るのが管理会社の役目の根底にあるものではないでしょうか。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930